パートナー紹介

 当健保組合では、単身者の健康リスクに注目しており、そのリスク低減のためには若年時からの食事、睡眠、運動が大切であり、その生活習慣の改善支援として、パートナー紹介会社(ツヴァイ、楽天オーネット)と法人契約を締結しました。 法人契約ならではの割引サービスがありますので、是非ご利用ください。

なお、利用申込は会社や健保組合を経由せずに、本人が直接申込むシステムで、成婚に至った場合の実績も会社や健保に知らされることはありませんので、安心してご利用ください。

 

対象者

被保険者

実施時期

4月~翌3月

ご利用方法

添付ファイル をご覧ください。

【ご参考】

単身者と既婚者の健康リスクの差については、各研究機関から以下のような報告がなされています。

  1. 40歳時点で既婚者と未婚者の平均余命(1995年時点)を比較したところ、未婚者のほうが8年以上も短かった。
  2. 原因=「健康に関する行動」が劣りがちに ⇒ 生活習慣の質が下がりやすい

    ・外食、中食などの食生活

    ・平日休日で生活リズムや睡眠リズムが崩れやすい

    出典・・・国立社会保障・人口問題研究所

  3. 既婚者と未婚者の寿命差において、未婚者のほうが短い。
  4. 男性 ・・・ 8~17年

    女性 ・・・ 7~15年

     

    原因=生活習慣病リスクの高まり

    ・不摂生、主に食生活(塩分過多、野菜不足)

    糖尿病、心疾患、高脂血症、高血圧、がん、うつ病、認知症

    出典・・・米ルイビル大学の5億人のデータ分析結果

 

 近年、英国で孤独担当大臣のポストが新設され、「孤独が人の肉体的、精神的健康を損なう」と警告しており、通常より早死にする傾向が50%も高くなると言われ、単身者の増加は世界的に健康リスクと捉えられています。