公告

2021/03/01

令和3(2021)年度 予算概要をお知らせします

2月8日開催の組合会において、令和3年度(4月1日~翌3月31日)の事業計画と予算が承認されました。 

 

1.全体概要

 予算規模は前年度に比して、「高齢者医療制度への納付金」(以下「納付金」という)が増加したため、

支出が102,500千円増の1,810,471千円となりました。収入の不足分は、前年度からの繰越金150,000千円

を充当するため、保険料への影響はありません。

 これは、健保組合の財政運営において大きな比重を占める納付金が、前年度は前期高齢者医療費の減少と、

平成30年度における前期高齢者納付金の還付によるプラスの影響が114,013千円ありましたが、新年度におい

てはこれがなくなったためです。

 なお、この納付金の算定は、当該健保組合における前期高齢者 (65歳~74歳の加入者)の医療費がベ

ースとなっており、当健保組合においては、平成25年度をピークに減少に転じ、平成30年度以降は、ピーク

時の「4分の1」~「3分の1」程度で推移しており、納付金額が抑えられていた要因となっています。

 このように前期高齢者の医療費は、健保組合の財政運営に大きな影響を与えます。

QOL(生活の質)を保つためにも、転倒などのケガを防ぐとともに、病気の重症化を防ぐことが大切です。

また、若い人も早くから健康意識を高め、自らの行動で回避可能な生活習慣病にならないような取り組みが

必要です。

 

2.保健事業への取り組み

 当健保組合では、保険給付のほかに、人間ドックや巡回レディース健診、歯科健診などの疾病予防や、健康維

持のための禁煙支援やウォーキングイベント、健康教育等の取り組みを継続的におこなっております。

 今年度の変更点につきまして、まずは昨年好評を博したHPV(ヒトパピローマウイルス)のスクリーニング

検査の対象範囲を20歳以上の全加入者に拡大し、健診を強化します。2つ目は在宅勤務や人との接触制限等によ

るコミュニケーション不足のメンタルへの影響を考慮し、オンラインによるメンタルヘルス教育を実施するとと

もに、特に新入社員向けとして、臨床心理士による全員面談を実施します。3つ目として健保組合の独自ポータ

ルサイトである「けんこうWeb」をスマートフォン対応とし、加入者の利便性向上を図ります。

 

添付ファイル